愛人になりたい!知らなきゃ損する実際の愛人契約とは?

愛人になりたい!知らなきゃ損する実際の愛人契約とは?

愛人になりたい!月極パパのお手当

お金持ち男性の愛人になりたいですか?

実際に愛人になる具体的方法がわかります!

狙いは普通の有名な出会い系サイト(わたしはワクワクメール)で、シニア男性と顔合せを重ねて優しくてお手当をしっかりくださる方だけを大切にリピーターになっていただくことです。

お金持ち男性の愛人になりたいですか?

愛人になりたい

愛人としてお金を得ることは、「愛人契約」として成立します。
書類や契約書がなくても愛人という条件の中身は契約なんですね。

わたしはパパ活をしてきて6年目になる主婦です。月収が30万円超えたのは愛人契約をしてくれた太パパと出会えてからです。

それまでは単発で顔合せや食事、デートの都度お手当を1万円から3万円いただく形のみの収入でした。

プチ愛人契約みたいな形で定期パパ(月極契約のプチ愛人)ができてからは月収で100万円を超える月がポツポツとでてきました。

別に「億万長者の男性」を相手にできなくても、プチ愛人契約程度なら実際にできました。しかも5年後の今も長く続いてます。

ということで「愛人になりたい女性」に、実際に愛人契約をする方法をわかりやすく説明します。

愛人になりたい

愛人になりたい

愛人になりたい方は、いきなり難しい愛人契約を目指すのは難しいです。

とりあえず「プチ愛人契約」を目指すのが良いですよ。これなら実際に普通のアラサー主婦のわたしもリアルタイムで3件契約できてます。

パパ活では、愛人ではなく「月極契約」とか「定期パパ」と呼びます。

 

出会えない億万長者よりも無数にいる経営者パパ

パパ活 株主優待

プチ愛人契約のパパから貰った株主優待券です。かなり貰えます。期限があるので使い切れないからプレゼントしてもらえます。金額にするとこれだけでもかなりのものになります。

狙い目は経営者の男性で中小零細企業で全然充分です。数百万円程度なら毎月自由になる人がとても多いからです。

しかも、お食事や旅行、デートは経費になるので惜しげもなくいただけます。

例えばパパ活相場で1万円程度の内容でも、経営者の方の場合は5万円とか10万円いただけることがザラです。

経費になるので、金銭感覚が普通のサラリーマンなどの男性と異次元なのです。

ちなみに、もっと上のランクになる「大企業」などの重役や社長さんとは、知り合うことが難しいです。正直、そのレベルの人たちには一度も出会ったことがありません。

また、街で偶然ナンパされてその人が金持ちで愛人契約してくれたり、知人の友人が億万長者で愛人契約してくれた!・・・なんてドラマみたいなことも実際一度も経験したことがありません。

そういう夢は見てても時間の無駄です。

自分から積極的に行動しないとプチ愛人契約どころか、都度パパからお手当を貰うことだって無理です。

狙いは普通の有名な出会い系サイト(わたしはワクワクメール)で、シニア男性と顔合せを重ねて優しくてお手当をしっかりくださる方だけを大切にリピーターになっていただくことです。

 

 

交際クラブ(デートクラブ)は無理ゲーだった

ちなみに、金持ち登録者の多い会員制の交際クラブ(デートクラブ)にも登録したのですが、「美人で若くないと男性側が選んでくれない」と面接の時に言われました。

わたしの場合、そのような交際クラブ(デートクラブ)にに登録後、まったく紹介がありません。わたしは美人でもなんでもない、ごく普通のパパ活主婦です。完全に「場違い」でした。

パパ活専用サイトはライバル多すぎ

かといって、パパ活専用サイトでも実際は愛人契約どころか単発のパパすらなかなか見つからないのが現実です。

最初は、パパ活で副業収入程度のお金を稼きたいと考えました。
パートで働くより収入になると思ったのです。
パパ活を開始したのは、2015年でわたしが30歳になった時です。

それで、パパ活サイトに登録してみたのですがまったくうまくいきませんでした。
掲示板などを見ると登録女性が若く24歳以下ばかりだったんです。ライバルがものすごく強いと知りました。

実際、パパ活専用サイトに登録しても全然パパが見つからずに失敗したんです。

最悪、お手当なしでタダ働きになることもあります。

パパ活相場は下落中

パパ活している女性が昨今の不況で劇的に増えて、相場も下落しています。

実際、わたしも5年ほど前(2015年)より、初対面の都度パパから貰うお手当は下がっています。

ここらへん教えている人が少ないので、実際やってみるとガッカリすると思います。
だから、お金が稼げないとパパ活をすぐやめちゃう人のほうが多いと思います。

ちなみに、10ヶ月ほどパパ活で稼げなかったわたしも最初は挫折しそうになりました。

狙い目は経営者の男性で中小零細企業で全然充分です。数百万円自由になる人がとても多いからです。

まずパパ活で食事だけでお手当を貰う練習を重ねながら、愛人契約をしてくれる男性と出会うまで顔合せを重ねていくとプチ愛人契約をしてくれる男性と一定確率で出会えます。

 

パパ活でプチ愛人契約をGETする方法

プチ愛人契約をGETする方法は、出会い系サイトで年配の男性と顔合せを重ねることです。
メッセージが届いたら、シニアの男性に積極的に実際に会います。
プロフィールに経営者とか書いて無くても、経営者の方と一定確率で出会えています。

若い男性しか相手にしないという女性が多いと思いますが、わたしはシニアの男性を1番大切にしています。
わたしの場合は、プチ愛人契約してくださるのは、経営者のシニア男性が100%です。

経費で報酬を出してくれるプチ愛人契約のパパは、秘書を雇ってる形にしてくれてお手当は毎月月末締めの翌月20日払で社会保険にも加入させてもらってて手取りで30万円ちょいです。
交通費などの手当も含めるともっといただいております。

他にも複数のプチ愛人契約の月極パパが2人いて、どちらもシニア男性で零細企業の経営者です。
一度も会わない月ですら、お手当をいただいてる状態が何年も続いています。

本気で愛人になりたいなら、普通の出会い系サイトで実は愛人をさがしているシニア男性と顔合せをして食事やデート、旅行を重ねて仲良くなることです。

 

大金持もちより経営者

世の中には黙っていてもお金が入ってくる富豪男性が存在します。
億万長者まで行かなくても、会社経営者は自由になるお金を沢山持っています。

紀州のドンファンは愛人に30億円貢いでいたことがニュースになりました。

これは氷山の一角で、中小零細企業の経営者規模であれば実はかなりの数の男性が存在します。
自由になる経費が沢山ある男性と仲良くなると、パパ活の延長で自然にプチ愛人契約(月極契約)になります。

愛嬌よく楽しく時間をすごすことで仲良しになるパパが自然に増えていきます。単発のパパ活で一喜一憂せず、リピーターでまた会おう!また会おうと言ってくれる男性をふやしていけば、イヤでも「プチ愛人契約しない?」という方が一定数でてきます。

狙いは普通の有名な出会い系サイト(わたしはワクワクメール)で、シニア男性と顔合せを重ねて優しくてお手当をしっかりくださる方だけを大切に、リピーターになっていただくことです。

 

タイトルとURLをコピーしました